スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年05月22日

5月19日・20日 学生大会(サバゲ合宿)報告

皆さんこんにちは。

大経大SVGの火縄銃です。

二日間のサバゲ合宿、本当にお疲れ様でした!

参加人数も19日約50名、20日約90名というビックイベントとなり、楽しい二日間にすることができたと思います。

これも、参加された各チームの皆さんのおかげです。

ここでまず、厚く御礼申し上げます。 本当にありがとうございました!

そして、急なキャンプ大原の閉鎖という緊迫した状況下で、必死に学生大会、サバゲ合宿の用意をしてくれた、

吉田さんをはじめ、キャンプ大原のスタッフの皆さんや、エリア・ハイランドさんの方、周辺地域の皆さんにもお礼申し上げます。

無事にサバゲ合宿をすることができ、大変感謝しております。 ありがとうございました!

今回は大経大SVGが大会運営をさせて頂きましたが、至るところで皆さんにご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした・・・

特に、メンバーのフィールドまでの輸送をランブルさんや、京大さんのチームに手伝ってもらいまして、本当にすみませんでした・・・

DUCTさんにはタイムキーパーなどを引き受けてもらったりと、お世話になりっぱなしの二日間でもう頭が上がりません・・・

各チームの皆さん。本当にお世話になりました。大経大SVGを代表して、改めてお礼を申し上げます。

本当に、本当にありがとうございました。

次回の学生ゲームでは、大経大SVGも可能な限り皆さんのお手伝いをさせて頂きます。

では、そろそろゲームの報告をさせて頂きます。

今回は、予告通り、ゲームの様子を動画にしてありますので、よければこちらを御覧ください。

ようつべの方に上げています。

その1→http://www.youtube.com/watch?v=p2Mc18FxIwo

その2→http://www.youtube.com/watch?v=VKrxrLsUdlM

その3→http://www.youtube.com/watch?v=qDwyWMSqaQM

その3だけが19日のゲーム動画、その1、その2が20日のゲーム動画となります。

多少見づらかったりするかも知れません・・・その時はすみません・・・

では、ゲームの様子を収めた写真を載せていきます。

今回は衛生兵ルールを採用していたため、19日より20日のゲームの方が非常に膠着する展開となっていました。

エリア・ハイランドさんは中央に通路がはしっており、一瞬はかなり見通しの良いフィールドだと思いました。

しかし、実際は近距離戦闘が発生するほど、弾が相手まで届かない、通りにくい地形でした。

特に木々にBB弾を弾かれてモヤモヤとする場面が多かった気がします。



しょっぱなから画像がカオティックなものですが、ご了承を・・・w

 



精華さんとDUCTさんが写る赤チームです。





日本兵が彷徨うフィールド 雰囲気がもう二次戦の東南アジアの前線です。





こちらは黄色チームになります。

日本兵がいるのが大経大SVGの特徴となります・・・w

 



こちらはチームTEM-BARA(テンバラ)の面々です。

所属も装備もバラバラなのが特徴で、今日もメンバーの装備がバラバでしたね・・・(汗)

 

悪態をついてるフランス兵がテンバラの隊長です。



衛生兵役の自衛官と護衛のアメリカ海兵隊員。 大経大SVGと近大のKUMAさんの合同部隊だと思われます。



テンバラと大経大SVGの合同部隊です。


では、ここから架空戦記風に書いて行きましょうか・・・

私はもともと、文章書くのが好きでして・・・w

読むのが嫌な方は、写真だけでも見てもらえればと思います。

(※…此処から先はフィクションです。

架空戦記風に写真を紹介していきます。

もし、そういうのが苦手、嫌いな方が居ましたらコメントをください。近日中には修正いたします。)


201X年。 東南アジアである国が独立を果たした。

国際連合はこの東南アジア某国に国連平和維持軍を派遣し、PKO活動を開始した。

しかし、5月19日・20日に渡り、旧政府軍関係に所属していた人民軍が処遇をめぐって武装蜂起。

国連PKO部隊と激しい戦闘を開始した。

これはその時の様子を収めた、報道写真である・・・



展開する国連平和維持軍(PKO部隊) 

国連部隊は二つのチームに別れており、レッドチーム、イエローチームと別れて任務を行なっている。

こちらはレッドチーム。



東南アジア某国、エリア・ハイランドと呼ばれる地点では人民軍が武装蜂起し、各地に潜んでいる。

  

PKO部隊は二手に分かれ、東西から部隊を移動させ、エリア・ハイランド中心部での合流を目指す。

もちろん、人民軍との交戦もあり得る。 常に緊迫とした時間が流れている。



出発するレッドチーム。 今回は米軍、ドイツ軍をはじめ、自衛隊もPKO任務に参加していた。

またPMCなどからも要員が参加しており、戦闘に参加していた。

   

交戦するPKO部隊。移動開始からわずか数分で戦闘が始まった模様。

飛び交う銃弾と、激しい銃声、部隊長の指示や部隊員たちの叫び声が響く。



グレネードランチャーを使用して敵を制圧したドイツ兵。

後続部隊のため通路の確保に貢献していた。

   

構成に出るレッドチーム。しかし、突如として「メディック!」という叫び声が響き渡った。

負傷兵の発生である。 広大な戦域なため衛生兵の到着が遅れることもあったようである。



こちらは東側から出撃したイエローチーム。

戦域中央にはしる通路の確保のため、部隊を散開させていた。

こちらは自衛隊、米軍の合同部隊が主力を務めていた。

自衛隊は後方支援担当のはずだが、何故か頻繁に交戦しており、負傷者も多かった。

   

交戦するイエローチーム。 イエローチームは衛生部隊を後方に待機させ、連絡があった場合、即座に衛生兵を前線へと派遣していた。

しかし、負傷者が大量に発生する戦闘が多く、特に自衛隊と米軍に甚大な損害が出ていたのも事実である。



山間部に向けて移動していた部隊。

写真の中に旧軍装備の日本兵が写っているが、これは事実なのであろうか・・・?

   

戦闘中だったイタリア兵が負傷したようで、米軍のメディックが急行。

米軍、PMC要員がカバーする。



治療を終えたイタリア兵は戦闘へと復帰した。

   

山間部制圧のため、イエロチームが前進する。



一方、イエローチームが進んでいる頃、レッドチームも同じ方角を進んでいた。

敵の攻撃で負傷者を出しながら、両チームは進撃を続ける。

   

一番激しい戦闘になったのはやはり戦域中央の一本道、通路であろう。

ここでは何名もの隊員が負傷し、衛生兵が忙しそうに活動していた。

また、伏せている兵士が負傷兵かどうか見分けがつかず、衛生兵が突入を躊躇うことも一部あった模様。



こちらは東側、戦域右側より進んでいたレッドチームの隊員。

装備から見て英軍と、米軍ではないかと思われる。

敵の反撃に塹壕を利用しながら、的確に反撃をしていた。

   

敵の反撃を退け、何とか前進を再開するレッドチーム。

しかし、数分後、再び彼らは敵と交戦することに。



敵の待ち伏せに遭って負傷した米兵。

救出部隊はいまだに到着せず。



ハンドガンを使用して反撃を開始する隊員。

今回の戦闘では、隊員たちの多くがサイドアームを使用するほど、激戦を繰り広げており、近接戦闘も発生していた。

  

レッドチーム、イエローチーム。 それぞれが目標地点へと急ぐ。



戦闘も終盤になりつつあった。

こちらは動けるうちに離脱しようとするイエローチームの隊員たち。

弾薬切れや、銃の不調、負傷などで後退する隊員も少なからず存在していた。

   

イエローチームは一部の部隊が包囲され、猛烈な攻撃にさらされていたが、なんとか戦況を維持していた。



最後の攻勢を準備するイエローチーム。 最終的にイエローチームとレッドチームは対面し、合流を果たした。

   

戦闘最後の様子。 

イエローチームは山間部と中央の通路の防衛に戦力を割かれていたが、何とか任務を終了させていた。



合流したレッドチームとイエローチーム。

彼らの長い長い戦いは終わりを告げた・・・

(以上で戦記風の写真紹介を終わります)


あとは、私が更新する前に入っていた写真が幾つかありましたので、載せていきます。

(もし、載せたらダメな写真がありましたら、コメントより連絡をお願い致します)



今回、大経大SVGと二日間同じチームだった近大のKUMAさん。

大変お世話になりました。援護射撃に救助にと、活躍されていました。



これは同志社のDUCTさんの写真です。

大会運営のお手伝いをして頂きました。本当にありがとうございました。

私もたくさんゲームに参加できたので、ホントに助かりました。



こちらは19日の集合写真です。約50名ほど写っております。

戦闘中の写真はサムネイルで・・・

    
   

戦闘時以外の写真もこちらに・・・ じゃんけん大会の様子などです。

   

 


おぉ・・・私の写真もあった・・・w

撮影していただき、ありがとうございます!


というわけで、5月19日・20日のゲーム報告となりました。

今回は二日間のサバゲ合宿ということでしたが、とても楽しい二日間を過ごせたと思います。

参加された皆さん。本当にお疲れ様でした。

私のブログの方で、宿の話やバーベキューの話、細かいゲームの話(黄色チーム視点から見た物)も近いうちに更新できたらと思います。

(火縄銃のブログはこちらになります→http://tembarazero66.militaryblog.jp/ 合わせてどうぞ)

最後までお読み頂きまして、本当にありがとうございます。

長文で見にくいゲーム報告となってしまい、本当にすみません・・・

来月の学生ゲームもよろしくお願いいたします!

それでは、次回の学生ゲームでお会いしましょう。

お疲れ様でした!

(学生ブログ内に写真を提供して下さった方。本当にありがとうございます。とても助かりました。ありがとうございました。)  


Posted by classified  at 21:03Comments(12)ゲーム報告